toggle
GEO×SOD 戸田真琴オフィシャル映画サイト
2017-08-10

まこりんちゃんねる第5回- AV女優戸田真琴がお贈りする映画レビュー


みなさん、こんにちまこりん🌸

 

まこりんちゃんねる第5回です!

暑い日も続いて、夏休みのことを思い出しますね。

小さな頃は夏休みこそ、家族で大きな映画館にアニメ映画を見に行ったりしていました!ワンピースやドラえもんやディズニー、ジブリ…

みなさんは小さな頃に見た映画を覚えていますか?

そんな気分のときにぴったりな今回のまこりんちゃんねる。

まずは動画をご覧ください!

ということで、今回はアニメ映画特集でした!

 

気になる映画がたくさんある中で、ゲームで決まったのはこちらの作品。

まこりんの実家には猫ちゃんが二匹いて、とっても可愛いんですよ〜!

犬派か猫派かと聞かれると、どっちも可愛いから選べないのが本音ですが、

ねこちゃんの方が触れ合う機会が多かったので、生態は知ってるぶん身近です。

 

それでは、文章でのレビューもご覧ください⭐

☆☆☆この先はネタバレになりますので、動画を見てからご覧ください☆☆☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のレビュー作品:長ぐつをはいたネコ

大人気アニメ映画「シュレック」に登場する猫ちゃんを主役にしたスピンオフ映画。小さい頃に「シュレック」を見ていたので、あの猫ちゃんだ!とすぐに親しみが湧きました。童話の「長靴を履いた猫」をモデルにした、猫のプス。かっこいい長靴におしゃれな帽子と男前な表情。酒場のカウンターでミルクを舐め、メス猫とは喧嘩をしない主義のフェミニスト。見た目はかわいい猫ちゃんなのですが、とってもかっこいいんです!

字幕版と吹き替え版を途中で切り替えながら見たのですが、どちらもプスの声を演じる声優さんがとってもセクシーなんです。英語版はアントニオ・バンデラスさん。日本語版は竹中直人さん。まこりんちゃんねる第一回で見た「Shall we ダンス?」や、最近プライベートで見たロマンポルノでもうっとりしていて、私の中で密かな竹中直人さんブームが来ていたので、プスにもきゅんきゅんしてしまいました!

お尋ね者として賞金がかかっているプス。今日も街を流浪していますが、彼には悲しい過去がありました。

かつて「兄弟」と呼びあった、ハンプティダンプティとの確執。故郷を離れた理由。しかし、怪盗として街を飛び回るキュートなメス猫・キティとの出会いで運命がまた動き出します。

独特のおとぎ話的世界観と、コミカルな展開も魅力ですが、なんといっても猫ちゃんたちの動きや仕草がたまらなく可愛い映画です!プスとキティが出会うシーンには、二匹以外にもたくさんの猫が登場するのですが、一匹一匹がすごくリアルで、動きも声も可愛いんです。猫を飼っている人や猫好きの方にはたまらない、「猫あるある」がたっぷり詰まった映画です。

あるキャラクターが裏切りを見せ、物語は悲しい展開へと向かっていくのですが、敵となってしまった相手に対してプスが最後に言った言葉が私はとても好きでした。「本当は良い奴だって知ってたよ。」アニメ映画やファンタジー、ヒロイックな物語を描こうとするとつい「悪は悪」「正義は正義」という構図になってしまいがちですが、この最後のセリフとエンディングで、懐の深い映画だと感じました。人の嫌なところを見たり、裏切られたり、なんてことがざらにある世の中だとしても、そんなふうに誰に対しても思っていられたらいいな。と思います。

プスが最後の最後までかっこよくて理想のオス猫だったところにも、とっても救われます!

猫好きの方、ファンタジーが好きな方にぜひぜひ見てもらいたい映画です!

 


いかがでしたでしょうか?

次回の動画は8月18日に更新予定です!

ゲオTVでは特別版も公開されているので、ぜひ見てみてください(´>ω<`)

 

🌸最後までお読みいただき、ありがとうございまこりん🌸

 


関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *