toggle
GEO×SOD 戸田真琴オフィシャル映画サイト
2017-07-14

まこりんちゃんねる第2回 – AV女優戸田真琴がお贈りする映画レビュー


みなさん、こんばんまこりん🌸

まこりんちゃんねる第2話は、実はまこりんがちょっと苦手なジャンルの映画を見ることに挑戦しています!

その苦手なジャンルとは…。

まずは、動画をご覧ください(´>ω<`)!

 

…ということで、今回は夏に合わせて、「サメ映画特集」でした!

 

まこりん、実は怖い映画が大の苦手で…。血が出たり、人が殺されてしまったり、びっくりするような映画は一人ではなかなか見れないのです。

だけどこれは、お仕事…。一人で部屋で映画を観る様子を撮影しなければいけないというお仕事…!
なので、今回は動画でご覧になれる通り、終始怯えながら涙目で鑑賞いたしました。
そんなまこりんの汗と涙を、文章のレビューでもみなさん受け止めてくださいっ!(;_;)

☆☆☆ここから先はネタバレになりますので、動画を見てから読んでくださいね☆☆☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のレビュー作品:シャークナイト

ジョーズという金字塔がある中で、より新しくサメの恐怖を描くにはと試行錯誤がなされているサメ映画界ですが、この「シャークナイト」は映画的にもストーリー的にもよく練られた良作だと感じました。

タイトルにある通り、サメによる事件が起きてからの一晩の恐怖を描いた作品です。

周囲にサメの放たれた孤島で若者たちが過ごす恐怖の時間は、島に残るもの、救助を呼びに行くもの、怪我人を運ぼうとマリンバイクで出発するもの、それぞれの軸に別れて違った種類の恐怖を描いています。

ある者は夜の海のサメたちの凶暴さに恐怖し、ある者は陰謀を持った人間たちに恐怖し、ある者は逃げられない孤島の中で恐怖します。見ている人によって、どの恐怖が一番心をざわつかせてくるのか変わるのかもしれない、と思うと、自分自身の弱さも浮き彫りになるようでとても恐ろしかったです。

単なるサメの怖さだけでなく、その奥の人間の怖さをも描いているので、スプラッタものにも通じる狂気がありました。

冒頭で見た、サメに襲われた人々の海中映像が、映画としてゆるされる神の視点ではなく、黒幕たちがサメたちにつけているカメラが記録した映像だったという、見ている私たちにも触ろうとするような映像のトリックが好きでした。

スリルと嫌な予感が丁寧に散りばめれ、細やかにこちらの心を不安定にさせようとする展開には私もまんまと引きずられました。

冷や汗を流したい方におすすめの作品です!


次回の動画は7月21日に更新予定です🌸

ゲオTVでは特別版も公開されているので、ぜひ見てみてください☆

🌸最後までお読みいただき、ありがとうございまこりん🌸


関連記事

コメント1件

  • kajino says:

    最近のサメ映画でアイデアと展開が秀逸だったのは「パニック・マーケット3D」と「ロスト・バケーション」の2本です。前者は地震による津波の影響でスーパーマーケットに閉じ込められた生き残りの人々が、水没した店内から脱出しようとする話。その過程でサメが店内に侵入してパニックに発展していきます。後者は人気のないスポットで遊泳中にサメに襲われた女性がたった一人で岩礁に取り残され、出血と満ちていく潮で包囲するサメから逃れようとする話です。どちらも極限状況によるサバイバルを描いたサメ映画です。
    動画の方では紹介されていませんでしたので、日本で劇場公開されていながら、あまり知名度のない作品も挙げてコメントしてみました。

    新作では「海底45m」という作品がまもなく公開されます。
    サメ映画は尽きることなく製作されているようですね。

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *